シヴァのブログ

UnityやUE4や趣味とかいろいろ...

「Cocos2D-x」アクションとNodeGrid

「CCFadeOutUpTiles」アクションを使うと、
GridActions can only used on NodeGrid
とエラーが出たので使い方を調べた。

参考サイト:
cocos2d-jsの色々なアクション - アルファブレンド プログラミングチップス

続きを読む

乙女ゲーム会社を調べてみた。

乙女ゲームを開発している会社がどれくらいあるのか気になったので調べてみた。
※大阪、東京のみ

調べた時間が1時間ぐらいなのでまだまだあると思います...。


調べってみた結果、
東京では

アイディアファクトリーグループ

が強いのかなっていう印象。

大阪では

株式会社エレメンツリー
株式会社イチカラ
ヴァンテアンシステムズ株式会社

ぐらいしか見つけられなかった。
思っていたより、少ない。

続きを読む

「Cocos2D-x」サイトメモ

Cocos2D-xでのサイトをメモする。

※後々増える可能性あり...

続きを読む

「Cocos2D-x」Android端末にデバッグログを表示してみた

Android端末上に数値を表示する方法メモ。
ただ単にラベルで表示しただけ。


※下記のCSystemManager::getInstance()->getScaleSize()の部分を変更して使用する。

//cocos2d::の省略
using namespace cocos2d;


// デバッグログ表示
std::string debugString = StringUtils::format("%f", CSystemManager::getInstance()->getScaleSize());
Label* pDebugLabel = Label::createWithSystemFont(debugString, "Arial", 30);
pDebugLabel->setColor(Color3B::BLACK);
pDebugLabel->setPosition(WINDOW_RIGHT * 0.9f, WINDOW_TOP * 0.1f);
this->addChild(pDebugLabel);

「Cocos2d-x」エラー処理

エラー処理をメモ。


※Visualstudio上でエラーが出なくても、AndroidStudio上ではエラーが出ることもある

続きを読む

「Cocos2d-x」Windows環境でcocos2d-xを入れてAndroid端末で表示してみる

今回は、Windows環境でcocos2d-xを入れてAndroid端末で表示してみる...っていう試み。
方法というより、色々詰まったところと忘れそうなコマンドのメモ。

f:id:shivaT:20170522230141p:plain:w600

続きを読む

「Cocos2D-x」Android端末を60FPSに修正させる

端末によって、35~40フレームしか出ないことがある。
それを、60フレームに修正する方法をメモ。

※Cocos2d-xのバージョン:Cocos2d-x3.13.1

続きを読む